ホーム   お問合せ
 
要望カテゴリー

公開要望について


わたしは、「こんなのあったらいいなぁ」とか、「あのサービスこんな風になっていればいいのになぁ」、と思うことがよくあります。
誰でもあると思います。
でも、意外とそれを表に出す場がありません。・・・わたしの場合、せいぜい会社の昼食時の話題にするくらい・・・
わざわざ、大げさな活動をするつもりではないにしても、
他にも同じ要望を持っている人がたくさんいるかもしれないし、そのまま忘れていくのも、何かもったいないと思っていました。
そこで、誰でも簡単に、そんなちょっとした要望を公開できるWEBサイトをつくりました。

(Q)公開してどうするの?
(A)公開するだけで結構いいことがあります。
もともと、何処にも出せずに、忘れられるだけの要望でも、一箇所に公開できてしてしまえば、企業側には価値があります。
今どきの企業は常に、ユーザーニーズを欲しがっていて、その発掘に相当の投資をします。
最近のユーザーニーズは多様化していて、以前のように、企業が勝手に作ってCMを流せば売れるというわけでは無くなってきているため、何を作って提供するかを考えることが死活問題です。
いい思いつき、すなわちいいアイデアは、企業側がこぞって参照し、どの企業が先に商品に取り入れるか競争になります。

(Q)公開する人のメリットは?
(A)公開した人は、自分が欲しいと思ったものが、いつの間にか実現されてしまうということが起きえます。
公開した人にとっては、もともと、出し場も無く忘れてしまうだけの思いつきが、ちょっとWEBに公開するだけで、いつの間にか実現されてしまうのです。
更に、いいアイデアが実現され、すなわち、商品化されて売り出されるわけなので、当然他にも喜ぶ人がいます。
企業側もそれを期待できると判断して商品化するわけですし。
要望を公開することで、自分の思いつきが、いつの間にか実現され、さらにその裏で、企業にも他の人にも喜ばれることになるのです。

あなたが何らかの提供側という場合、このサイトから良いアイデアを得て改善・発展することもあります。
そう考えると自分の仕事や事業を改善する循環に参加するということでもありす。

些細な思いつきでも積極的に公開してください。埋もれている小さな知恵を出し合うことで、ひいては大きな変化を生み、日本経済の発展に貢献するのです!
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワードを忘れた

新規ユーザー登録
copyright (c) 2012 All rights reserved.

公開要望について             サイトの運営について